淡水エイ釣り

南米の巨大淡水エイ、アハイア・グランディ釣り

テスター・Ivano Paradisi氏によるEQUESアハイア・グランディフィッシングレポ

2016年11月、POLE&LINEアドバイザー/テスターのIvano Paradisi氏が向かったのは南米アルゼンチン。ここには世界最大級の巨大な淡水エイ、アハイア・グランディ(ショートテイル・リバースティングレー)が生息している。今回はエクエスに大型スピニングリールというセッティングでこの巨大怪魚に1週間をかけて挑む。アハイア・グランディは日本ではアクアリウムの世界でも知られる淡水エイで、その巨体の割に短い尾が特徴。英語名のショートテイル(ド)はこれに由来する。

アハイアグランディ

氏曰く、アハイア・グランディはなかなか釣るのが難しく最悪ノーフィッシュもあり得るという。が、厳しい予想とは裏腹に初日からエクエスで120kgの良型を、さらに翌日にはこれを上回る大物をあっさりと釣り上げてしまった。この釣りは複数本の竿を出す餌釣り、残念ながら2匹目の150kクラスはエクエスとは別の竿にかかったというが、120kgでも相当の引き、戦いは1時間単位になったという。

予想外に早い段階でターゲットの巨大エイが釣れたことで、その後はドラドやピラニアといった南米の怪魚五目釣りに。ここアルゼンチンは怪魚アングラーの聖地だ。

遂にキャッチ! 145kgの巨大淡水エイ

2019年1月、デイヴィッド・ワットマフ氏が向かったのは南米アルゼンチン。以前イヴァノ・パラディシィ氏が挑戦した世界最大級の巨大な淡水エイ、アハイア・グランディ(ショートテイル・リバースティングレー)に挑むのが今回の目的だ。タックルはエクエス2本にそれぞれ大型スピニングリール、両軸リールというセッティング。エクエスは本来スピニングリール用だが餌釣りでは両軸リールの使用も可能だ。

淡水エイ釣り

フィールドのコンディションは決して良くない中、145kgの超大物を筆頭に50kg、35kgクラスなど合計6匹のキャッチに成功。実釣総時間は156時間に上った。

145kgの大物は命の危険を感じたのか、釣りあげられると稚魚を産み始めた。淡水エイも卵胎生なのだ。

エクエスが150kg近い魚まで十分対応できることが改めて証明された。今回、大型スピニングはステラ20000番が使用されたが、ドラグがうまく出ず100kgクラスのPEラインが高切れするアクシデントもあった(動画)。それでもこの竿は無傷だった。

エクエス 9ft 3ピース 世界の怪魚フィールドレポ コンテンツ

エクエス 9ft 3ピース 怪魚/GTロッド

Features

特徴

■ ヨーロッパオオナマズからアマゾン・東南アジアの大型ナマズ類、怪魚、さらにツナやライト~ミディアムGT、ショア・オフショアの大物釣りまで幅広く対応
■ 2mを超える怪物を屈服させる、粘りと反発力を兼ね備えた強靭なブランクスパワー
■ Fuji PMNST+PMNSG を装備。トップガイドは16mm、バットガイドは40mmのリングサイズ採用で極太リーダーでの遠投にも有利
■ 逆並継(#1/#2)、並継(#2/#3)の併用によりスムースなベンディングカーブと強度を両立
■ 全節ウーブンカーボンラッピングによるスタイリッシュなデザイン
■ 1mを切る仕舞寸法で海外遠征にも便利な「トラベルバディ」仕様
■ ロングEVAグリップとFuji ロックナット、ギンバル対応Fuji GRCバットエンド採用により長時間のモンスターとのファイトも快適に
■ 専用高耐久1680デニール竿袋付属

■免責保証書付

Specification

■ 標準全長 2.7m
■ 継数 3本
■ 標準自重435g
■ 仕舞寸法 96.5cm
■ 先径/元径 3.2mm/20.6mm
■ キャスティングウェイト ~150g/200g
■ カーボン含有率 99%
■ グリップ全長 920mm バットエンドからリールシート中心部分まで 540mm フォアグリップ長 315mm
■ ガイドサイズ 16mm(トップ)/ 16mm / 16mm / 20mm / 25mm / 30mm / 40mm(バットガイド、逆付)
■ リールシート Fuji DPS22 スペーサー全長/40mm

※ キャスティングウェイトの最大値は、ルアーなどのフルキャストでは150g、ベイトなどフルキャストしない場合では200gあるいはそれ以上を想定しています。
※ 元径は元竿玉口での計測です。#2の最大径は16.5mmです。

※本品の継ぎ目は印籠継と同様、数ミリ~1cm程度隙間が空くのが正常です。

POLE&LINE ダイレクトショップ販売価格(税抜):46,250円